ページの先頭です。 メインメニューへジャンプします 本文へジャンプします 関連リンクへジャンプします フッターへジャンプします

医療法人 一陽会

ここから本文です。

戻る

一陽会についてABOUT ICHIYOKAI

現在のページは
ホームの下層の
一陽会についての下層の
沿革です。

沿革

1951年10月 原田内科小児科医院を旭園に開設
1973年12月 原田 知、院長に就任
1974年5月 新築移転、病床数19床 人工透析治療室を設置
1980年10月 原田内科病院に拡充 病床数43床 人工透析ベッド27床
1982年1月 医療情報処理の電算化に着手
1984年4月 病床数55床 人工透析ベッド36床に増床
1986年12月 全身用CTスキャナーを導入
1987年2月 医療法人社団 一陽会を設立 原田内科病院を原田病院に改称
1987年3月 病床数120床 人工透析ベッド56床に増床
1991年9月 クローバー保育園を開園
1995年4月 糖尿病疾患専門外来を開始
1996年3月 一陽会クリニックを隣地に開院 人工透析ベッド80床
1998年5月 イーストクリニック(南区)を開院 人工透析ベッド24床
1998年9月 日本医療機能評価機構の認定証獲得
1999年3月 一陽会クリニックの人工透析ベッドを83床に増床
クローバー訪問看護ステーションを開設
1999年10月 クローバー居宅介護支援事業所を開設
2001年7月 泌尿器科診療を開始
2002年1月 地域連携室設置
2002年2月 救急指定病院認定
2003年4月 原田病院に診療情報管理室設置
2003年7月 横川クリニック(西区)を開院 人工透析ベッド24床
2003年9月 日本医療機能評価機構更新認定
2004年4月 横川クリニックの人工透析ベッドを32床に増床
2004年10月 原田病院移転(海老山町) 人工透析ベッド40床 MRI導入
原田病院の移転時にオーダリングシステム、放射線画像伝送システム導入
2005年1月 整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科診療を開始
2005年6月 原田病院に電子カルテ導入
2005年9月 一陽会クリニックに電子カルテ導入
2006年4月 一般病床入院基本料 区分B(10:1)
眼科(入院)を開始
横川クリニックの人工透析ベッドを40床に増床
2007年6月 一般病棟入院基本料 7対1(112床)
亜急性期入院医療管理料(8床)
2007年12月 原田病院 看護支援システム導入
2008年4月 DPC対象病院
2008年6月 イーストクリニック移転(28床→40床)
2008年10月 日本医療機能評価機構更再認定
2008年12月 一般病棟入院基本料 7対1(116床)
亜急性期入院医療管理料(4床)
2009年1月 医療過誤防止システム導入
2009年4月 禁煙外来開始
2010年1月 循環器専門外来開始
2010年4月 病院群輪番制開始
CKD外来開始
2010年6月 呼吸器専門外来開始
2010年8月 イーストクリニックの人工透析ベッドを48床に増床
2011年4月 腎臓内科外来開始
2011年9月 原田病院 電子カルテ バージョンアップ
2012年1月 横川クリニック院長に藤田 潔就任
2012年3月 横川クリニックの人工透析ベッドを44床に増床
2012年10月 横川クリニック 電子カルテ導入
2012年11月 一陽会クリニック 在宅血液透析開始
イーストクリニック 電子カルテ導入
2013年3月 原田病院 在宅血液透析外来開始
2013年4月 在宅事業部開設
循環器内科開設
2013年5月 クローバー訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、旭園5-58に事務所移転
2013年6月 クローバーヘルパーステーション 開設
ケアレジデンス楽々園 開設
2013年7月 デイサービス楽々園 開設
2014年2月 一陽会クリニックの人工透析ベッドを95床に増床
イーストクリニックの人工透析ベッドを56床に増床
横川クリニックの人工透析ベッドを46床に増床
2014年4月 管理本部長に坂原 和典就任
2014年10月 血液浄化部開設
2016年4月 横川クリニック院長に山下 和臣就任
2016年7月 オーバーナイト透析開始
2016年10月 原田病院 管理棟造設
デイサービスあさひを閉設し、一陽会クリニックにデイケアあさひを開設
2016年12月 クローバー訪問看護ステーション・クローバー居宅介護支援事業所 原田病院内に移転