ページの先頭です。 メインメニューへジャンプします 本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします フッターへジャンプします

医療法人 一陽会 原田病院

メニュー

電話をかける

ここから本文です。

戻る

当院についてHOSPITAL GUIDE

現在のページは
ホームの下層の
当院についての下層の
院長ごあいさつです。

院長ごあいさつ

地域ニーズに応え、患者さん中心の医療を実現する
「地域密着型」病院をめざします

当院は2004年10月、30年近くにわたっておこなってきた旭園での診察の場を現在の海老山町に移しました。
その際、整形外科の新設、MRIの導入、各種検査機器の更新など、診療体制のさらなる充実を図り、迅速な診断と早期治療を進めていける万全の体制が整いました。
入院においては病棟群単位による届け出7対1・10対1の実施により看護レベルの向上を図り、DPC(診断群分類別包括評価支払制度)の導入、電子カルテ、看護支援システム、医療過誤防止システム等、IT化による医療情報の効率的な利用促進は、より質の高い医療サービスの提供が可能になったと考えております。
「地域医療への貢献」という法人の理念のもと、従前より佐伯区の内科総合病院を目指して医療の提供をおこなってまいりましたが、今後も近隣地域の皆さまのご期待に沿えるよう、質の高い地域密着型の病院 運営に努めてまいります。

医療法人 一陽会 原田病院 院長重本 憲一郎

院長 重本 憲一郎